類グループは43年前、6人の仲間で立ち上げた学生起業集団の先駆け。全員取締役、全員株主という「共同体企業」の組織論を武器に、建築設計、教育、不動産、農業、地域新聞と、次々と新事業を立ち上げてきました。建築設計業界では業界トップの提案力を誇る頭脳集団です。マスコミが伝えない事実を伝える「事実報道」や、学習塾=詰込みという固定観念を排した「グループ追求型授業」等、これからも常識を覆す社会的事業に挑戦し続けます。

この度は学生団体総選挙特別スポンサーとしてご協賛頂きありがとうございます。学生団体総選挙へご協賛にいただくことになった経緯を教えて頂けますでしょうか。
(山澤さん)去年の採用活動の際に元気の良い女の子がいて、その子に「いつも何をしているの?」と聞いたら「賢者屋のキャストをしています!」と言っていた学生がいました。明確な説明をしていたので印象的で、それから今回主催の賢者屋にはアツイ子がいっぱいいることが分かり一緒に取り組みをしていくことになりました。なるべくたくさんの学生団体さんとお会いして思いを共有して、類グループの仲間になってくれる人が増えたら良いなと考えていたところに、学生団体総選挙のお話をいただいたので、やってみようと思いました。

学生団体にはどのようなイメージをお持ちですか?
類グループも創設期メンバーが学生時代に立ち上げた勉強会から始まっています。学生の活動をしっかり社会でもやっていくためには、バックボーンのような理念がないとやっていけないと、理念を大切にしている企業でもあります。こういった背景からも類グループと学生団体の親和性は高いですね。個人的にも私自身、学生団体をやっていたので、懐かしいなと思います。街の商店街とタッグをくんで花火なんかをあげたりしていました。

今回の団体総選挙に出場する学生にみなさんにどのようなことを期待していますか?
私たちも“地域をよくしよう!”とか“農村よくするぞ!”“教育変えるぞ”という思いでやっています。企業というフレームの中ではありますが、地域新聞を発行したり、農家のみなさんとのネットワークができあがってきたり、ソーシャルビジネスとして新しい価値を生み出している自信はあります。でも学生だったら全然違う切り口からのアイデアが出てくるんじゃないかなとワクワク感はすごくありますね。「あ、そうきたか!」というのを期待しています。それから学生さんの良さは行動力だと思っているので、どれだけ人を巻き込んで形にしているのかというバイタリティーを見せてほしいなと思っています。

御社のホームページを拝見していますと類グループは「社会で求められる能力形成」を事業としても社内の人材育成においても大事にしていますし、スキルや自己成長に関心の高い学生さんも多いと思います。成長のために必要なことは何だとお考えですか?
本当になしとげたいことがある人にとって、成長は不可欠な課題ではありますが、成長それ自体が目的化することはありません。ですから、まずは、自分の壁を超えてでも実現したい、想いがあるかどうかが大切です。それを自己完結した夢にとどめるのではなく、まわりの想いも巻き込んで実現していきたい志の次元にまで高めていく。その過程の中でこそ「能力」は身についていきます。そういう人は出来合いのコトバではなく、自分なりのコトバを生み出しています。そのようなまわりを巻き込む自分なりのコトバをもてるようになったらホンモノで、そういう人には、人も仕事もどんどんあつまってきます。勿論、そのようなコトバとの格闘は一人で出来るものではありません。まわりの仲間と、どうする?とか何故?を無垢な赤ん坊のような心持ちで追求しあう中で、生み出せるものです。成長のために必要なことは、まず「ともに追求できる仲間」ではないでしょうか。今はSNSなども発達して「お互いに踏み込まない閉じた仲間関係」が主流ですが、「お互いをさらけ出して、踏み込みあう仲間関係」が成長には不可欠なものだと感じています。

最後に、今後の御社の展開とこれからの日本の若者のあるべき姿についてお考えを教えてください。
類グループは、もともと6人の学生で始まり「自分たちの生きる場を自分たちの手で作っていこう」というポリシーが、現在の事業につながっています。今は、それぞれの事業を連携させ、地域のみなさんも巻き込んで「みんなが活きる場をみんなの手でつくっていこう」という段階で事業を展開中です。結局「自分達の生きる場をつくる」には地域を創っていくところまで掘り下げていいかないと出来ません。会社だけでは本当の意味で自立した集団ではないからです。
そのために「地域」を作りたい人がどれだけ登場するかというのが大切で、これは人づくりの問題になり、農園、設計、不動産、新聞などその地域を創っていく人の教育という点で繋がり始めています。
ですから人づくりという観点から教育に接点を持っている学生さんも、「これからの農村どうする?」という視点を持っている学生さんも大歓迎です。それぞれの立場から考える輪をもっともっと広げていきたいです。

応援メッセージ
今回は学生団体総選挙ということで、グランプリを決定するということですが、グランプリを取るということだけが目的ではないと思っています。建築でもコンテストがありますが、競争することが全てではないのです。他の団体からなにが学べるかとか、そういった視点も持ってほしいと思います。コンテストという形ではあってもどんなイノベーションが生まれるのか楽しみにしています。

協賛インタビュー

  • 類グループ
  • Intelligence
  • gcstory
  • ピーアーク
  • b-by-c
  • Listeners